The Digital Cataloger

インターネット時代の図書館目録

ご連絡

しばらくこのブログで続いてきた連載ですが、月間更新にしようとしていた矢先に、仕事上、目録から少し離れるコトになりました。 もちろん、目録は単に担当業務だからという訳ではなく、自分の中の重要なテーマではありますが、とりあえず、優先して考えなく…

Vol.6【コラム】「カタロガ」とは、誰か?

連載も、前回で5回になりましたので、このあたりで、ちょっと休憩を。 目録を作るヒトのコトを、「目録」(Catalog)のヒトで「カタロガ」(Catalogger)といいます。 しかし、これが日本語となると、「目録家」「目録屋」「目録人」「目録師」……、くだけた…

Vol.5 第4節 メタデータとしての図書館目録

突然ですが(笑)、図書館目録は、「メタデータ」です。 メタデータとは、その名の通りデータに関するデータのコトで、目録の場合、本そのモノに書かれているデータではなく、その本自体について書かれたデータという意味で、メタデータになります。 これは…

Vol.4 第3節 目録の共有

前回書いたように、図書館目録というのは、 書誌 + 所蔵情報 = 図書館目録 という構造をしています。 初期の頃の図書館は、それこそ、それぞれの図書館が、自分の図書館にある本を、それぞれノートなり、カードなりに記録していたと思うのですが、スグに気…

Vol.3 第2節 図書館目録とはなにか?

前回は、「何らかの代替物が目録である」というおハナシをしました。 図書館の場合は、当然、その図書館の本の代替物が「図書館目録」になる訳ですが、こと「図書館目録」といった場合は、タイトルや著者等の本自体についての情報(「書誌」といいます)と、…

Vol.2 第1節 目録とはなにか?

みなさんは、「目録」というと、どんなイメージをお持ちでしょうか? ボクが「目録」という言葉を初めて意識したのは、子どもの頃、「家族対抗歌合戦」という番組があり(実にのどかな時代ですね(笑))、その中で、優勝したチームが好きな商品をもらうので…

Vol.1 はじめに

突然ですが、今回から、目録に関する連載を始めたいと思います。 よろしくお願いいたします。 さて、今、みなさんが、何かの理由である本が読みたくなったり必要になった場合、まず、どのような行動をとるでしょうか? おそらく、Google(を含む検索エンジン…

動向3題

「図書分類と図書系統:図書館総合展〈分類フォーラム〉での議論から」 - leeswijzer: boeken annex van dagboek つながる目録、つながるサービス@図書館総合展(2015.11.12) ResourceSync:OAI-PMHの後継規格(情報組織化研究グループ月例研究会)

新しい『日本目録規則』(新NCR)

新しい『日本目録規則』(新NCR)|国立国会図書館―National Diet Library ついに、出ました。 それにしても、現在のNCRから、項目立てからして、全くの別物。 この間の動きをフォローしていなかったカタロガには、ちょっとシンドいか…… (オレ?)

メタデータ・ライブラリアン

CA1855 - 北米のメタデータ・ライブラリアンシップ事情 / 芝 麻子 | カレントアウェアネス・ポータル 自分としては、「デジタル・カタロガ」て気に入っているのですが(笑)、一般的には、「メタデータ・ライブラリアン」の方が通りが良いですよね。 いずれ…

NDCをめぐって

TSUTAYA管理の海老名市立中央図書館を観察してきた: 松浦晋也のL/D 海老名市中央図書館の謎分類メモ #公設ツタヤ問題 #海老名分類 - Togetterまとめ 図書館での「分類」の意味と司書の専門性について。 - Togetterまとめ 常に、「もっと良くなるはずだ、もっ…

動向2題

RDA(Resource Description and Access)の運営組織が改組 | カレントアウェアネス・ポータル 米国議会図書館(LC)、”BIBFRAME 2.0 Draft Specifications”を公開 | カレントアウェアネス・ポータル

NDCのオープンデータ化

日本十進分類法(NDC)のオープンデータ化に向けて | カーリルのブログ 日本十進分類法(NDC)のオープンデータ化についてのカーリルの意見表明への反響まとめ - Togetterまとめ NDCオープンデータ化への要望について (署名集めのお願い) そのとおりだと思い…

「世界のRDAの取組みのいま」

連載「世界のRDAの取組みのいま」が始まります | NDL書誌情報ニュースレター2015年3号 | 国立国会図書館-National Diet Library もちろん、記事の内容自体も参考になりますが、独自にこのクオリティの刊行物を出せる組織って、一体……

著者記号

背ラベルの図書記号~MARCや検索のはなし~ (TRC データ部ログ) 請求記号をつける際、分類ももちろん悩みますが、その下の著者記号(この記事では図書記号)も、それにも増して、悩ましい。 学問的、もしくは理論的にはこっちだけど、実際、書架での見や…

NDCXと、その後

CA1850 - 『日本十進分類法』新訂10版の概要 / 髙橋良平 | カレントアウェアネス・ポータル まだまだ馴染みの浅い(おいおい)新訂10版ですが、少しずつ対応が進んでいます。 10版その後~分類/件名のおはなし・61~ (TRC データ部ログ)

「NDL書誌データ取得・検索シート」の使い方とカスタマイズ

コラム:書誌データ利活用(8)―「NDL書誌データ取得・検索シート」の使い方とカスタマイズ その1―使い方 | NDL書誌情報ニュースレター2015年3号 | 国立国会図書館-National Diet Library 国立国会図書館サーチ連携ツール これはぜひ一度、やってみてくださ…

BIBFRAMEの語彙変更案

米国議会図書館(LC)、BIBFRAMEの語彙変更案3件を公開 | カレントアウェアネス・ポータル

旧システムへの回帰

米サンタクララ郡図書館 新OPACシステムが利用者に不評だったため、旧システムに戻すことを決定 | カレントアウェアネス・ポータル ヒトゴトなら、「英断!」と絶賛できますが、もし、これが自分の身に降りかかったら……(汗) というか、そもそもベンダが変…

NDLラボ 書誌情報検索・可視化システム

NDLラボ 書誌情報検索・可視化システム 国立国会図書館、NDLラボで、MIMAサーチを活用した書誌情報検索・可視化システムを公開 | カレントアウェアネス・ポータル ちょっとやってみましたが、なんか、スゴいのは分かるんだけど……(笑)

和漢書の目録

和漢古書の書名と情報源 (TRC データ部ログ) 内題か外題か-和漢古書の書名と情報源② (TRC データ部ログ) 幸い(?)、類縁機関が専門にやってくれているのであまり機会はないのですが、それでも、本当にたま〜に和書を整理するコトあるので、そんな時は、マ…

NDLとWeb-API

国立国会図書館総合目録ネットワーク事業(ゆにかねっと) » 総合目録ネットワーク研修会 現在の担当業務に非常に関係があるので、ぜひ、参加したかったのですが、業務の関係でかないませんでした。 なので、当日の資料が公開されているのは、非常にありがた…

NDL書誌情報ニュースレター2015年2号(通号33号)

NDL書誌情報ニュースレター2015年2号(通号33号) | 国立国会図書館-National Diet Library

NDCX正誤表

日本十進分類法(NDC)新訂10版(第1刷)正誤表 非常に膨大で細かい作業のため、しょうがないとは思うものの、番号間違いはキツいですね…… 今回が第1弾であり、かつ、最終弾であるコトを、強く願っています。

「NDCのうた(日本十進分類法早覚え)」

「NDCのうた(日本十進分類法早覚え)」 結局、画面を見ながらでないと歌えないような……(笑) それはともかく、こういったアイディアと、それを実際に実現する姿勢に、非常に共感を覚えます。 それにしても、スゴいな、ボーカロイド……

「メタデータ・ライブラリアンの一日」

メタデータ・ライブラリアンの一日(記事紹介) | カレントアウェアネス・ポータル 勤務時間は、ほぼ一緒なのに、なんだ、この違いは……

Web APIとは何か?

Web API入門 現在はもちろん、今後、ますます重要になっていくであろうAPIですが、もうひとつ、しっかり分かっていません(恥)。 まずは、こちらで勉強させていただきます……

「#カタロガー死亡カルタ」

#カタロガー死亡カルタ【50音順】 - Togetterまとめ ちょっと今更ですが、念のため。 思わず「ウマいっ!」というモノも多いのですが、寂しいのは、既に自分の職場では、おそらく、この感覚が共有できるヒトがほとんどいないというコト。 「わ」 若手図書館…

「共同保存図書館実現に向けた多摩デポとカーリルの共同研究」

E1673 - 共同保存図書館実現に向けた多摩デポとカーリルの共同研究 | カレントアウェアネス・ポータル 図書館における資料の保存と物理的な書架スペースの関係は、二律背反というかトレード・オフというか、とにかく、常に悩ましい関係です。 そこで、まずは…

ISBDに関する国際調査結果

国際図書館連盟(IFLA) ISBD Review Group、ISBD(国際標準書誌記述)の使用法と将来の展望に関する国際調査結果を公表 | カレントアウェアネス・ポータル Results of an International Survey on the Use of the ISBD 報告書は、ザンネンながら(?)英語…