The Digital Cataloger

インターネット時代の図書館目録

『日本目録規則 2018年版』PDF版公開!

日本目録規則2018年版

2019年1月7日、日本図書館協会Webサイト目録委員会のページで、日本目録規則 2018年版』PDF版が公開されました。

これで、もう、「持っていない」という言い訳ができなくなりました。
(なんの言い訳?)

また、関連情報のぺージはこちら。

日本目録規則(NCR)2018年版関連情報

いずれにしても、ありがたいコトです。

【NCR 2018】「目録委員会報告」

今回の日本目録規則(NCR2018)は、まず冒頭に、第31期(2007)から2018年度までの(JLA)目録委員会活動報告が掲載されています。

この中には、自分も参加した会合(2010年の全国図書館大会(奈良大会))等もあったりして、本当に長い間、委員、その他のみなさんが大変な苦労をして今回のNCRが完成したコトが分かります。

で、そこに書かれているように、NCR2018は、検討の当初から、1998年に公表されたFRBRや、それを基盤とした2010年RDA(昔でいう英米目録規則)への対応が明言され、それらの作業に多くの労力がさかれてきました。

しかし、上記のようにNCR2018の完成までに時間がかかっている間に、FRBRのファミリィであるFRAD(2009)やFRSAD(2011)が公表され、さらには、その3つをまとめる概念モデルであるIFLA-LRM(当初の名称は、FRBR-LRM。LRMはLibrary Reference Modelの略)が2017年に公表されました。そして、この統合により、それ以前のモデルにかなりの(小さくない)変更が加えられています。

つまり、せっかくFRBR(及びFRAD、FRSAD)を基盤にNCRを作ってきたのに、完成してみたら、それらが(結構違う)次のバージョンになってしまっていたという訳です。しかも、NCR2018が相互運用性の担保を掲げていたRDAの方は、すでにIFLA-LRMに対応を始めていという……

もちろん、このことは、活動報告の最後にも言及されていますが、せっかくNCR2018が苦労の末、完成したのに、どうなるのでしょう?
といったあたりに問題意識を持ちつつ、さらに読み進んで行きたいと思います。

なお、IFLA-LRMについては、参考文献も含め、和中先生によるこのページを、さらに、慶應義塾大学木村麻衣子先生によるスライド(こちらこちら)が非常に勉強になります!

【蛇足】
この活動報告の中で言及されている資料には、Webで公開されているモノも多いので、URLも一緒に掲載しておいていただければ、ただでさえ、分かりにくいと評判(?)の今回のNCRについて、後学のためによかったと思うのですが……

日本目録規則 2018年版刊行!

f:id:shimany:20190101213232j:plain


昨年の12月27日に発売を知り、早速日図協のサイトから申し込むと、なんと、29日には届きました。

正直、年を越すと思っていたので、嬉しい予想外でした(ただ、メールフォームから申し込んだのにも関わらず、郵便の宛名振込用紙手書きだったコトも、かなりの予想外でしたが(笑))。

個人的には、図書館にとって、日本目録規則(NCR)は非常に重要だと思ってるのですが、おそらく、ボク以外に、職場でこの新版の発行に興味があるヒトは(念のためにつけますが)おそらくほぼいないと思いますし、ましてや、個人で購入するヒトは……

という訳で、今年は、ボチボチ一人勉強会をして行こうかと思っています。
なんらかの成果がここに掲載できればいいのですが。

……というか、何年主張しても、目録の担当にはしてもらえないんですけどね……(嘆息)

ご連絡

しばらくこのブログで続いてきた連載ですが、月間更新にしようとしていた矢先に、仕事上、目録から少し離れるコトになりました。

もちろん、目録は単に担当業務だからという訳ではなく、自分の中の重要なテーマではありますが、とりあえず、優先して考えなくてはイケない事項が出てきましたので(笑)、連載はいったん終了とさせていただきます。

再開する時は、もっとパワーアップしている……コトはないと思いますが(ないのかよ)、もう少し、違った視点で現代の目録のコトをお伝えできると思います。

その時まで。
また。

Vol.6【コラム】「カタロガ」とは、誰か?

連載も、前回で5回になりましたので、このあたりで、ちょっと休憩を。

目録を作るヒトのコトを、「目録」(Catalog)のヒトで「カタロガ」(Catalogger)といいます。

しかし、これが日本語となると、「目録家」「目録屋」「目録人」「目録師」……、くだけた文章ならともかく、いずれも正式には聞いたコトがありません。
(ちなみに、「レファレンサ」(Referencer)もそうですね。こちらは、「レファレンス」の邦訳自体が難しい)

ただ、名称はともかく、カタロガといえば、ボクの中では完全に職人のイメージがあります。

頻繁な異動が通例である公務員の中で、図書館員はかなり例外的に異動が少ない場所ですが、その中でも、かつて目録部門は、特にベテランが多く、いかにも「専門職」といった雰囲気でした。

実際、今と違って、コンピュータやインターネットがない時期に、小さいカードにいかに1冊の本の情報を分かりやすく的確に表現するかというのは、かなりのセンスと、技術や経験が必要だったと思います。
そして、今よりずっと出版点数も少なかったので、それぞれの本に、今以上にじっくり取り組めたようにも思います。

ボクが今の職場に入った時は、ギリギリでそういった方達がいた時代で、退職間際のベテランカタロガの方が、喫煙場で(当時は、ボクもタバコを吸っていました)、

「何十年、この仕事をしてるけど、いまだに満足がいくカタログをとれたコトは一度もない」

とおっしゃっているのなんかを聞き、

「カッコい〜!」

と思っていました(笑)。

また、当時はカードを書くだけでなく、それを配列したり、求めているカードを素早く見つけるワザも必要だったので、今はどちらかというと、閲覧部分が図書館の花型だと思いますが、当時は、カタロガこそが、図書館の中心的存在でした(あくまでも、個人的印象)。

そんな雰囲気にあこがれて、司書というよりは、カタロガになりたくて、図書館を希望した訳ですが、なかなか希望どおりにはいかず、そうこうしているウチに、ボクのあこがれたカタロガの先輩たちもどんどんいなくなってしまいました。

で、漸く希望するカタロガになってからも、ITの進展を中心に、目録にまつわる環境がかなり変わっていき、今は、かつてに比べ、カタロガや、もしかして、目録自体に対する図書館内部での認識もかなり低下しつつあるように思います。

ヒトには向き不向きがありますし、それぞれが持てるチカラを存分に発揮して図書館を盛り上げていけばいい訳ですが、それにしても、身近な館内でも、あまりに目録に興味があるスタッフが少な過ぎるので(笑)、こんな連載をしている次第。

なので、もう少し続けたいと思います。
(まぁ、読んでいないのですが(笑))

【つづく】

Vol.5 第4節 メタデータとしての図書館目録

突然ですが(笑)、図書館目録は、メタデータです。

メタデータとは、その名の通りデータに関するデータのコトで、目録の場合、本そのモノに書かれているデータではなく、その本自体について書かれたデータという意味で、メタデータになります。

これは一体、何を意味するでしょう?

たとえば、ある特定の本ではなく、何かの事柄について調べようとしている場合、Web-OPAC等で、自分が探しているキーワードを入力して検索すると思います。

その際、GoogleブックスKindleX-Rayのように、本の全ての内容がテキスト化されていて、機械的に検索できたり頻出単語が分かるようになっていれば、自分が探している本を見つけるコトができるでしょうか?

確かに、図書館についての本であれば、その中に「図書館」という単語が出てくる蓋然性は高いので、「図書館」という単語が多く含まれる本は、図書館についての本ではないかと類推できます。
しかし、もしかしたら、それは図書館を舞台にした小説かもしれません。図書館の歴史について調べている場合は、それでは少し困ります。

同じように、他にも図書館というコトバを多く含む本でも、図書館の建築についての本もあれば、法律についての本もあります。自分がどんな本を求めているのかによって、選ぶ本が全く違ってくるコトは言うまでもありません。

では、さらに「歴史」「建築」「法律」というコトバを掛けあわせて検索すればよいかというとそうでもありません。
ある概念を説明するのに、そのモノ自体の名称は使わないコトは大いに考えられます(というか、そもそも説明というのはそういうモノです)。

こう考えると、ある本の中の頻出単語さえ分かれば自分の探している本が見つかるかというと、決してそうでもないコトが分かります。

そこで、その対象(この場合は本)にどっぷり浸かるのではなく、一歩ひいて、「そのモノは一体なんなのか?」という特徴や概要を記す情報が必要になってきます。
それがメタデータであり、図書館の本の場合は目録というコトになります。

図書館目録には、本の大きさ(主に縦の長さ)やページ数といった、文字どおり、物理的な外観の情報も含まれますが(時に、これも本選びの大きな手がかりになります)、その本のタイトル著者といった、自分が探しているコトの大きなヒントになる情報がメインになります(タイトルはもちろんですが、著者についても、何の専門家なのかと言った観点から、本探しの重要な情報になります)。

で、さらに、これこそが全文検索とは違うところですが、目録には、「件名」「分類記号」といわれる情報が付与されています。

件名というのは、英語でいうと「Subject」です。
ボクが図書館の勉強をしていた頃は、あまり図書館以外では聞き慣れないコトバでしたが、今ではすっかり「メールの件名」としてイメージしやすいと思います。
つまり、「これは何についてのモノなのか」という表題、本の場合だと、その本の内容を一言で表現するコトバです。

一方、分類記号は、本を分野ごとに分類し、その分野ごとに一定のルールで(主に)数字を使って分ける方法です。

これらは、目録を作るヒトが本の内容を見て判断しますが、そのヒトの趣味や嗜好で、好き勝手なコトバや番号をつけても意味がないので、事前に決められたモノの中から選択するようになっています(なので、逆に、それを知らないと検索できないという問題があります)。

一方、人間が判断しますので(この作業は、まだ(?)、コンピュータによる機械化は実用段階ではありません)、当然、ガイドラインはあるものの、作業したヒトの視点や能力(経験)によって、違った件名や分類記号が付けられる可能性はあります。

それでも、経験豊富なカタロガ(目録を作成するヒト)が、実際に目次や内容を確認してそれらを付与すれば、本には直接書かれていない、もっと抽象的なレベルで本を分類し、本を選ぶ際の大きな手助けになるコトはご理解いただけると思います。

今後、もし、世の中の全ての本がスキャンされ、全文がテキスト化されても、それで探している本が見つかるかというと、必ずしもそうではありません。
その点で、目録というメタデータは必要ですし、そのためには、まだまだカタロガという人間のチカラが必要なのです。

つづく

Vol.4 第3節 目録の共有

前回書いたように、図書館目録というのは、

書誌 + 所蔵情報 = 図書館目録

という構造をしています。

初期の頃の図書館は、それこそ、それぞれの図書館が、自分の図書館にある本を、それぞれノートなり、カードなりに記録していたと思うのですが、スグに気づくとおり、所蔵情報は各図書館によって違いますが、本の情報である書誌につていは、本来、どこの図書館で記録しても、(目録規則の解釈の違いや、版や刷りの違いを捨象すれば)全く同じになるはずです。

すると、さらに気づきますが、この部分については、誰かが作ったモノをみんなで共有すれば、それだけいろんな意味でのコストの削減になりますし、利用者への資料の提供も早くなるはずです。

で、ここは教科書ではないのでこれまでの歴史は大きくカットし(笑)、現在の状況は、おおまかに、2つの大きな仕組みでこのコトを実現しています。

ひとつは、主に大学図書館の目録であるCiNii Booksというデータベース。

これは、参加している大学図書館が同じデータベースにアクセスしていて、どこかの図書館が作成したある本の書誌データに、「あ、その本、ウチの図書館も持ってる!」というコトで、自分の図書館の所蔵情報をくっつけて、参加館全体の総合目録を構成するという仕組みになっています。

なお、こういった仕組みのため、複数の館が同じ本についての書誌を作るコト(「書誌割れ」といったりします)は許されず、あとからでもそういった例が見つかったら、どちらかの書誌に統合する等の書誌調整が行われます。

現在は、実にありがたいコトに、このデータベースは一般にも公開されていますので、このサイトである本を検索すると、その本を所蔵している(主に)大学図書館が一気に分かるという訳です。

一方、公共図書館は、民間会社が作成した電子的な書誌データ(のちのち詳述しますが、「MARC(マーク)といいます)を購入し、その電子データを自分の図書館のデータベースにインストールし、それに各図書館の所蔵データをつけています。

こういった仕組みなので、自分の館が購入しているMARCにはない本を受け入れた場合は、なんらかの方法で自分たちで書誌データを作る必要があります。また、先に購入したMARCに間違いがあった場合は、自分たちで直したり、作成会社に依頼して、修正データを送ってもらったりします。

で、ややこしいのですが、今度は、その各図書館の目録データを集めて、同じ本を持っているトコロをくっつけて、結果的に、先ほどのCiNiiと似た見え方をさせているのが、国立国会図書館国立国会図書館サーチとなります。

ところで、この各図書館の目録を集める方法にも、大きく分けて2つあり、事前に各図書館からデータをもらっておく「集中型」と、必要な時に、各図書館がホームページで公開している目録(「Web-OPAC(ウェブオパック)といいます)を機械的に検索して、その都度、情報を集める「横断型」があります。

それぞれ、長所と短所があるのですが、大きな流れから言うと、集中型主流から横断型が主流になり、また、再度、(新しい形の)集中型に戻りつつあるように思います(ちなみに、国立国会図書館サーチは集中型ですが、方式は変わっています)。

以上のように、みんなで協力して目録作成の労力を軽減し、一般に広く公開していこうというのが大きな流れです。

もちろん、これ自体は素晴らしいコトですが、ただ、いつも他の図書館が作った目録に乗っかるだけだったり、購入したデータをそのまま使うだけになったりすると、図書館の中に、図書館の根幹である(と、個人的には考える)目録作成のノウハウや能力がなくなってしまいます。

効率を考えればいたしかたないのですが、果たして図書館としてそれでよいのかな?というのが、個人的な意見です(我田引水ですし、電力会社が「原発は必要!」と言っているようなモノかもしれませんが(笑))。

つづく